逆流性食道炎をとことん考えてみる:症状・原因・改善方法・リラックス法

逆流性食道炎の症状?っと思ったら

私もそうでした。

これもしかして逆流性食道炎?っと症状感じながら、別に大したことないし・・・っと放っておいていました。

また、人間ドックの胃カメラで軽い逆流性食道炎っと診断されても放っておいていました。

逆流性食道炎の症状

今考えると、ここが一番のポイントでした。

経験者は誰も思うでしょう。

逆流性食道炎は、慢性化することを。

早い段階で手を打ては、すぐに治ります。

自分の身体と見つめ合い、何をすることがいいのか?

症状をしっかり把握し、そのためのケアをすれば、慢性化することはありませんし、重傷に陥ることもありません。

でも、1つ言っておきます。

病院で出された薬を飲むことが、ケアではありません。

あれは、ある意味、慢性化に引き込むための一時的な処置にすぎません。

逆流性食道炎の症状

逆流性食道炎の症状として、一番多い症状は胸やけです。

逆流性食道炎は、強い酸を持つ胃酸が逆流し、炎症を起こす病気です。

胃の入り口が胃酸によって荒れることが原因ですので、一般的に胃が痛いことがすべてだと思っている人が多いようですが、人それぞれの症状があります。

その1つが、背中の痛みです。

私も実はこのパターンでした。

食道と胃の境の炎症なので、前側、後ろ側によって痛みの伝わりが変わるので、実は背中の痛みがありながら、人間ドックで胃カメラを飲むまでは発見されないということ多々あるようです。

その他、

  • 焼ける感じ
  • ちりちりとした胸の痛み
  • 呑酸(どんさん)
  • むかつき
  • 食べ物がしみる
  • 食道部の痛み
  • 胃が重い、痛い
  • のどがつかえる
  • のどが圧迫される
  • のどの異物感
  • 物を飲むときにひっかかる
  • 胸の痛み
  • 食欲がない
  • 口が酸っぱくなる感じがする
  • 口の中に苦い水が上がってくる
  • 起床時に胸やけ(胸焼け)がする

などもあります。

病気の要因も人それぞれ違いますので、
人によっては、それ症状が変わりますので、改善方法も人によって変わってきますなので、根本的な要因や改善策を紹介していきたいとおもいます。

逆流性食道炎の要因

逆流性食道炎の要因

逆流性食道炎の要因を紹介しましょう。

原因に関しては1つや2つではありません。

  • 過度のストレス
  • 肥満
  • 食生活、暴飲暴食・脂物
  • 運動不足

などが一般的とされていますが、 大きなくくりで紹介しますと、要因は全て、胃酸過多に繋がります。

過度にストレスを感じると胃酸のバランスが崩れ胃酸過多になったり、暴飲暴食により、大量の胃酸を必要とし、それが原因で食道に逆流するということです。

食生活・暴飲暴食

逆流性食道炎と食生活・暴飲暴食について紹介しましょう。

食生活と逆流性食道炎の関係をしっかり理解していない人が多いように思えます。

食生活と肥満を同じに考えてしまっていたり、食べすぎが全て悪い、油物が全て悪いなど、偏った認識を少しまとめてみました。

逆流性食道炎は、上記でも紹介したとおり胃酸が食道に逆流し、炎症を起こすことです。

これが全てです。

暴飲暴食

暴飲暴食・食べすぎは、胃の膨張作用と胃酸過多を促進してしまいます。

偏食

偏食による栄養のバランスが乱れることで胃の修復作用が遅れます。
また、唐辛子、コーヒーなどの刺激物は胃の粘膜に負担をかけてしまいます。

早食い

口の中は消化器官で唯一、自分でコントロールできるところです。
早食いでよく噛まないことで唾液の分泌が悪くなります。唾液は胃液を薄める効果もあり、食道を胃酸から守る効果もあります。

食べ方・咀嚼

ついでに、食べる時間も紹介しましょう。
食事を決められて時間に食べることで、働く時間、休む時間が確立されます。

良質な胃を持つことは逆流性食道炎の第1歩です。

咀嚼・よく噛んで食べるを心がけるだけでも、改善に近づくでしょう。

メタボ・肥満

逆流性食道炎とメタボ・肥満について紹介しましょう。

逆流性食道炎の主な原因として、肥満との関係はあるのでしょうか?

大いにあります。

肥満の場合、
腹圧が上がることで、胃酸が逆流しやすくなります。

また、食道裂孔ヘルニアになりやすいことも原因となります。

*食道は横隔膜にある食道裂孔という孔を通り、胸腔から腹腔に入り、胃とつながっています。

その食道裂孔から胃の一部が胸腔内に入り込んだ状態が食道裂孔ヘルニアです。

メタボ、肥満も逆食の原因であること、少し分かっていただけましたか?

逆流性食道炎と過度のストレス

ストレス

逆流性食道炎と過度のストレスとの要因を紹介しましょう。

よく、神経を使うと、ストレスを感じると胃が痛いといいます。

それと逆流性食道炎、因果関係があるのでしょうか?あると思いますか?

実はあります!

胃酸の分泌

胃酸の分泌は、ストレスを受けることですぐに増えます。

これは、ストレスで自律神経のバランスが崩れることで、胃酸のバランスも崩れてしまいます。

胃酸過多

よって、胃酸過多の状態に陥ります。

胃酸が過剰に分泌される状態になることにより、胃内の酸度が異常に高くなり胸やけやげっぷ、呑酸(どんさん)、胃の痛み、胃もたれなどの症状に陥ります。

胃酸過多により、 食道に逆流し、炎症を起こすことで逆流性食道炎を誘発するのです。

胃酸過多が、逆食の原因であることを考えると、過度のストレスは大きな天敵であることは間違いありませんね。

逆流性食道炎 お風呂でリラックス

逆流性食道炎を克服したい、治したい人が、真っ先に行うことはダイエットです。

もちろん、原因の1つですなので、もし太っているのであれば痩せることは良いことです。

リラックス

ただ、個人的な意見としては、どれだけリラックスした生活環境を作れるか?これもポイントです。

お風呂

その1つがお風呂です。

お風呂にゆっくりつかれているでしょうか?

筋肉をほぐしたり、ゆっくり出来ているでしょうか?

逆流性食道炎の症状を持った多くの人は、どちらかと言うと、リラックスした環境が作れていない傾向にあります。

お風呂もゆっくり入れていない人が多いようです。

つまらないことかもしれませんが、実はこの精神的な緊張を和らぐ、筋力をほぐすということは非常に効果的です。

ストレッチ

合わせて、お風呂上がりのストレッチをプラスすれば、より効果的です。

人それぞれ、逆流性食道炎の原因が違うとはいえ、日々の生活に欠かせないお風呂の入り方を少し変えるだけでも、できれば少しは改善されるでしょう。

逆流性食道炎に効くつぼ 胃腸の動きを良くする

続いて、またツボの話をしたいと思います。

先に言っておきます。

ツボを押しても治りません。

治すためには、まず、そのメカニズムをおさらいしましょう。

逆食は、基本的に、胃酸の逆流でおきます。
要するに、胃に何らかの問題があるということです。

たとえば、

  • 精神的ストレスを感じ、それによって、脳からの信号が乱れ、胃酸過多になっている。
  • 暴飲暴食によって、胃酸の分泌が活発になり、許容量を超えている。
  • 肥満が原因で、内臓に負担がかかっている。

などなど。

このメカニズムを確認すると、今、自分が何をしなくてはならないのか?

が見えてきます。

私は逆流性食道炎改善プログラムを手にすること・使用することで、原因を知り、ピンポイントに悪い部分を改善していきました。

つぼ

その1つが足つぼなのです。
直接に、逆襲性食道炎を治すのではなく、胃腸を強くする、活発にすること、根本的に”胃”自体を強くする、これが足つぼのポイントです。

場所は、土踏まずの上の方(親指に近い方)です。

この部分を刺激することで、強い胃を作りましょう。

足三里

足三里 というつぼがあります。

胃腸の働きをよくするというツボとして有名です。

場所は、ヒザの下、指4本くらい下の外側です。

また、足の裏の親指の付け根から指3本分くらい下の部分も胃腸の働きを良くするツボとしても有名です。

言い方を変えると土踏まずの一番親指側の場所ともいえますね。

基本的に、ツボに関しては、逆流性食道炎を治すといより、胃腸の働きを良くし、胃酸過多をふさいだり、消化を助けることがポイントとなります。

逆流性食道炎改善プログラム:福辻鋭記先生

福辻鋭記さんの逆食プログラムについて紹介しましょう。
福辻さんは雑誌、テレビでも多々紹介され、TBSテレビ 日本の名医50人にも出演した人物です。
逆流性食道炎以外にもたくさんの著書を出され、東洋医学、足つぼなどでも有名な先生です。
先生のプログラムは、根本をしっかり直し、再発しない身体を作ることが目的となっています。

  • 姿勢やその他の共通となる原因を本本から改善。
  • 胃と食道を元の健康的な状態へと整える。
  • 胃の粘膜や炎症を防ぐ正しい治療法を行い再発を防ぐ。

が大きく分けて3つになります。
こんな内容はほんの氷山の一角の情報です。

本気で治したい方に、 逆食改善プログラムで有名な先生を紹介します。
症状、要因が違いますので、克服プログラムで、逆流性食道炎の改善が約束されるものではありません。
しかし、うれしいことに、プログラムを実践して効果が出なかった場合、料金を全額返金というシステムもありますので、是非、参考にし実践してもらえればと思います。

是非、ご参考いただければと思います。

福辻鋭記

【逆食改善プログラム】薬を使わずに胃酸,吐き気をスッキリ改善!
逆流性食道炎改善プログラム:福辻
1週間でカラダの変化を実感できる!おすすめのプログラム
福辻鋭記先生は、東京の五反田にて「アスカ鍼灸院」の院長でもあり、鍼灸、カイロプラティック、整体の専門家です。
延べ50誌以上の取材経験もあり、単行本の出版、テレビ出演も多数でTBSテレビ :日本の名医50人にも出演しています。
薬に頼らず、長期化させない【逆食改善プログラム】として非常に人気のあるプログラムです。
喜びの声を私まで届けて頂ければ、感謝の気持ちをこめて5,000円プレゼント!
全額返金保障あり
福辻鋭記

逆流性食道炎 細川晶生先生

細川晶生さんの逆食プログラムについて紹介しましょう。
逆流性食道炎、慢性胃炎、胃潰瘍、胃アトニー、機能性胃腸症(ディスペプシア)など、 胃の病気が発症した原因と、今すぐ症状改善に役立つ情報が得られます。
東洋医学や西洋医学、その他に様々な療法を研究して編み出した1日10分の簡単な運動プログラムを行うことで、今まで苦しんできた症状を自分で改善させる秘密を すべて公開しています。

この方法を知ることで、何もかも制限された我慢を強いられる毎日から抜け出して、思い通りの生活を再開できることでしょう・・・

こんな内容はほんの氷山の一角の情報です。
本気で治したい方に、 逆食改善プログラムで有名な先生を紹介します。
症状、要因が違いますので、克服プログラムで、逆流性食道炎の改善が約束されるものではありません。しかし、うれしいことに、プログラムを実践して効果が出なかった場合、料金を全額返金というシステムもありますので、是非、参考にし実践してもらえればと思います。

是非、ご参考いただければと思います。

細川晶生 ほそかわ あきお

逆流性食道炎の治療方法。市販薬を使わない!!
逆流性食道炎 細川晶生先生
映像で分かりやすい!ストレッチ・ツボ押しで逆食改善間違いなし!!
細川晶生先生は、東京都日野市で整体院、カイロプラクティック院「細川整体院」の代表です。
胃そのものを強くし(胃を改善させるための運動)、安全で、かつ高い確率で改善させるメソッドを動画で紹介しています。
全額返金保障あり
細川晶生