借金返済の方法:ローン残高が拡大

借金返済方法

借金の問題は、実は昔から大きな問題です。
好景気・景気改善といわれていてもローン残高が拡大し、債務整理を行う人が増えています。

その昔、借金で首が回らなくなったら、自己破産というものがイメージでしたが、今は整理の方法も状況に応じていろいろあります。

過払い金請求

まずは、過払い金請求です。

こちらは、消費者金融が、出資法と利息制限法の2つの法律を都合よく解釈し、本来の法定金利を越して貸し出したことが原因です。

長い間、お金を返している人は、お金の返しすぎが発生している場合があります。
その場合、返金を要求できるというものです。

残債なし

場合によっては、残債がクリア(残債なし)できるだけでなく、お金自体が戻ってくる場合があります。

そこで、弁護士や司法書士にお願いする形になるのですが、まず、無料相談がありますので、1回話も聞く、状況を説明することをおすすめします。

無料相談のあとも、着手金や手付金などを要求するところが少ないため、そのままお願いしてもいいでしょう。

ただ、1つ気を付けなくてはいけないことは報酬です。

報酬は、各事務所によって違いますので、しっかり説明を聞いたほうがいいでしょう。

借金返済方法:過払い金請求

過払い金請求をしっかり活用する
クレジットカードからの催促、消費者金融から督促、借金の問題が今、大きな問題です。

アベノミクスなど浮かれていられませんし、消費税が8%に上がるようですし、この問題はより大きくなっていくでしょうね。

そこで、長い間お金を返済してきた人には、是非、行ってもらいたいことがあります。
そして、弁護士や司法書士に相談してもらいたいことがあります。

利息の払い過ぎ

まず、長い間返済している人は、確実に、利息の払い過ぎが発生していると思います。
過払い金と言われています。
借金返済方法:過払い金請求

法定金利

法定金利以上の利息を課せられ、その金額を払ってきたことにあります。

現在、弁護士事務所や司法書士事務所の借金返済の多くは、この過払い請求が基本の1つとなります。

と同時に、返済額自体の見直しや返済金額を減額するなど、今より確実に有利な状況に持っていくことが可能です。

自己破産で、家や車を失うことは、最終手段です。
その前に、やれることがいろいろあるのです。

借金返済のシミュレーション

さらに、簡単に借金返済のシミュレーションを行えるサイトもあります。

借金返済の弁護士費用

借金の弁護士費用:一括?分割?着手金は必要?

弁護士費用

借金の悩みは、誰にも打ち明けられません。
とはいえ、そのままにしておけば、日に日に借金は膨らむし・・・。
弁護士や司法書士に相談したいけど、実際にいくら請求されるか?分からない。

無料相談

無料相談とは書いてあっても、突っ込んだ話しになったり、実際動いてもらうとなるといくら請求されるか?分からない。

それでなくても、お金で悩んでいるので、別のお金の悩みまで背負いたくない、正直なところかもしれません。

自分でできるところは自分で、借金返済方法

自分でできるところは自分で、借金返済方法

そこで、まず、自分で出来るところは自分で行ってはどうでしょうか?

自己管理の1つですね。

完済方法をシミュレーションする

借入れ件数、借入れ総額、毎月の返済額を入力で、現状を改めて把握しましょう。

弁護士費用はいくらなのか?

実際のところ、借金の弁護士費用はどれくらいかかるのか?

債務整理の方法によってかわりますが、一般的に成功報酬が多いと思われます。

相談は無料です。

債権者(消費者金融や信販会社)に現在の借金返済総額の減額交渉を行ってもらった場合、100万の借金が50万になった場合、その減額された金額(パーセンテージ)が弁護士報酬になります。

要するに、弁護に払う費用は、返済額が減った分から払うという形なので、負担が少ないというのが現状です。

とはいえ、弁護士事務所や司法書士事務所の先生が、料金に関しては説明してくれますので、納得いかなければお断りしてもいいでしょう。

借金無料メール相談

無料メール相談

債務整理、過払い金請求の無料メール相談・依頼
弁護士に借金取りまとめを依頼する際には、属託関与書を作成した上で属託契約をすることとなります。
こういう属託関与書がなければ交わすことができないのです。
ですからもしも後で借金取りまとめを思いしたいと思っている自分は、これを交わした上で正式な関与となるとということを覚えておくといいでしょう。

借金取りまとめをしたあとのライフスタイルはこれまでとは違う生活を送ることができるかもしれません。

なぜならこれまで追われていた借金から解放されているわけですから、気持ち的にも余白乏しい生活を送っていた自分にとってはポリシーに余白をもたらして得るかもしれません。

自ら悩んでいないでこういったことは早めに弁護士に依頼をすることが大事です。

自ら悩んでいても解決することではありませんし、自ら悩んだからといって改善されることでもないからです。

そうして借金取りまとめの名人として弁護士がいていただけるわけですから、話を通じて、その上で関与を通じて実行してもらうのが一番です。

参考サイト:https://shakkin-life.com/