若い頃は、何もしなくても毎朝便通があったのに加齢とともに少なくなってきたという声は、年齢が上がるにつれて増えてきます。

症状は様々で、数日間便通が無い方も居れば数週間便通が無いという方まで居ます。

数日間ならまだ身体に影響は出ませんが、数週間便通が無いとなれば身体に重大な悪影響が及び始めます。

まず、ニキビなどの吹き出物が目立ち始めます。

積極的に身体を動かすことで便意が感じられる事が多いのですが、身体が重たくなかなか運動をする気力が出ないという声があります。

そして、最悪の場合、大腸にポリープができたり、大腸がんの危険性があります。

そのような重大な症状になる前に、乳酸菌サプリで出してしまいましょう。

乳酸菌サプリは、下剤のように刺激の強い物質は入っていないので身体に優しく出すことが可能です。

効果は下剤と変わらずありますし、一番効果があったという声も多いほどです。

現在、多くの物が用意されているので一番合っているものを選びましょう。

乳酸菌サプリも様々

おすすめの乳酸菌サプリを試してみた。

乳酸菌サプリにはさまざまな種類があり、メーカーごとに効果や効能も少しずつ変わってきます。

自分が改善したい症状に合わせておすすめのサプリを試してみることが大事になってきます。

例えば胃が弱く、胃の健康管理をしたいという方はLG20株などピロリ菌の活動を抑える働きのものが最適です。

インフルエンザなどのウイルスに対抗する抵抗力を持ちたい時にはR1株などの乳酸菌が効果があるとされています。

またLカゼイ株は胃酸や胆汁などの消化液に強く、負けずに腸まで届くという強さを持った乳酸菌です。

このような乳酸菌ごとの個性を理解して乳酸菌サプリを選ぶことで、腸内に届いて効果的に働く菌となるのです。

乳酸菌サプリを試してもすぐに効果が現れるというわけではありません。

サプリは薬ではありませんから即効性はないのですが、毎日摂取し続ける事によって徐々に体質改善が現れ始めます。

そのためにも、味わいや価格など毎日続けられるものを選びましょう。

免疫力を高める効果もある

体内の免疫力を左右する重要な臓器が腸です。

免疫力を高めるためには、腸内の環境を良い方向へもっていく必要があります。

腸は腸管造血論(千島学説)と呼ばれる説があるほど(未だにその真偽を巡っては論争があります)、重要な役割を担っています。

乳酸菌は腸内環境を整えるうえで重要な菌の一つです。ヨーグルトを食べている子供がインフルエンザにかかりにくいという報告がありますが、それはこの乳酸菌のおかげなのです。

しかも、不思議なことに乳酸菌は生きているものだけではなく、死菌と呼ばれる状態でも効果がある事が知られています。

マウスを使った実験では殺菌して死菌の状態いした乳酸菌を摂取すると、腸内のビフィズス菌が摂取をしなかったマウスに比べ約10倍と優位に増殖し、かつマウスの延命効果も確認されました。

そのため、乳酸菌サプリを利用する事で免疫力を高める効果が期待できます。

ヨーグルトなどの生菌を摂取するだけでなく、乳酸菌を殺菌した死菌の状態で摂取できる乳酸菌サプリを利用することも重要です。

免疫力を高める乳酸菌

乳酸菌サプリの成分と副作用は
  • 腸内環境の改善
  • 美容目的
  • 免疫力向上
  • アレルギー症状の緩和

など様々な観点で乳酸菌は体に良いとされており、乳酸菌サプリで摂取を考えている方もいるでしょう。

しかし、一口に乳酸菌サプリといっても乳酸菌には数多くの種類があるので成分をしっかり選ぶことが重要です。

特に乳アレルギーなどがある場合は、動物由来の乳酸菌ではなく植物由来を選ばなければいけません。

また成分の中に乳酸菌をサポートするオリゴ糖やビフィズス菌などが含有されているかどうかも確認しておくと、より効果が期待できるはずです。

ただこのように慎重に乳酸菌サプリを選んだ次に気になってくるのは副作用があるのかどうかという点でしょう。

基本的にサプリは副作用がほとんどないものですが、中には乳酸菌サプリを使用した後に下痢や軟便といった症状が出ることがあります。

ただし、この症状は乱れていた腸内環境が整えられる時に起こる反応や過剰摂取が原因であることが多く、時間の経過や摂取の仕方を見直すことで改善されることがほとんどですので副作用とはまた違うといえます。

しかし、どのようなものにも個人差はあり、乳酸菌が体に合わないケースもありますので、2週間程度経っても症状が改善されない場合は使用を中止した方がよいでしょう。

サプリメントの選び方はこちらが詳しく紹介されています
40代の乳酸菌生活なら